【特集】2024年ダバオ観光はこれがおすすめ!絶対にすべきこと12選

ダバオ観光

皆さんこんにちは!ダバオッチのリンです。

今回はダバオに来た際に必ずやるべきこと12選紹介します!ダバオは自然豊かで治安もよく、気候も穏やかです。2024年最新版なのでこの夏休みにダバオで旅行をしたい!語学留学、移住したいという方は是非参考にしてみてください✨

1.ドリアンを食べる

皆さんドリアンを食べたことがありますか?ドリアンといったらとにかく臭い!という印象がありますよね。そのため、挑戦するのに勇気がいるフルーツなのではないではないでしょうか。しかし、一度挑戦したら、旅の良い思い出になること間違いないです!ダバオはフルーツ王国ですが、中でもドリアンが有名で街のシンボルのような存在です。

街を歩いていると、ドリアンのオブジェがあったり、時々ドリアンの香りが漂ってくることもあります。 ドリアンをそのまま食べるのではなく、シェイクやピザ、ケーキなどで食べることも可能です。

また、ドリアンの小さくて可愛いキーホルダーもほとんどのお土産屋さんで購入できます〇 こちらの記事でドリアンの収穫ツアーや、ドリアンが購入できる場所、ドリアンを使用したケーキやドリンクが紹介されているので是非ご覧ください!

【食べる】ダバオといえば、フルーツの王様ドリアン!様々な食べ方アレンジでドリアンを目一杯味わおう!

2.THE 南国!美しいビーチを楽しむ!

ミンダナオ島のビーチ

フィリピンと言ったら美しいビーチですよね。ダバオは最短10分で別の島へ行くことが出来るという、リゾートを楽しむにはもってこいの場所です!✨ 最も有名なサマル島には数々のリゾートがあり、美しい海の近くで宿泊することも可能です。

サマル島のリゾートで有名なのは「パールファーム(Perl Farm)」といって、ホテルがなんと海の上に建設されています。(ダバオ リゾートと検索したら一番初めにヒットするほどです) せっかくフィリピンダバオに来たからには最高級で素晴らしい景観のホテルに泊まりたい!という方にお勧めです。

サマル島以外にダバオには美しいビーチをもつ島があります!詳しくはこちらをご覧ください!↓

【遊ぶ】自然のエネルギーを吸収!ダバオから日帰りでタリコッド島大満喫プラン!!

3.ナイトマーケットへ行く

ロハスナイトマーケット

皆さんナイトマーケットをご存じでしょうか?? 暑い日中より涼しい夜に活動する人々が多く、ナイトマーケットは毎日開催されているにも関わらず、お祭りなの!?というくらい多くの人がいます。ダバオには数々のナイトマーケットがありますが、最も大きくて有名なのは、ロハスナイトマーケットです。

こちらはフィリピンで有名な私立大学アテネオ大学の目の前にあり、食べ物だけでなく古着もたくさん販売されています。悲しいことに、2016年にこの場所で爆破事件があったことから現在は厳重な警備体制が続いています。多くの警備員がいたり、マーケットに入る時は、必ず持ち物検査があります。注意点として、リュックサックでは入ることが不可能で、トートバッグやショルダーバッグなどではなければならないそうなのでご注意ください。

また、スリなども起こりやすい場所とされているので最小限の荷物とお金を持って行くことをおすすめします。治安が良いダバオと言えど、楽しく過ごすために警戒心は常に持っておく必要があります。ナイトマーケットでは、ドリアンアイスやサゴと呼ばれる小さなタピオカ、バーベキューなど住民に愛されている食べ物が楽しめるので是非行ってみてください! 

【遊ぶ】ダバオ市内に続々オープン!新しいナイトマーケットを一挙紹介!(2023年6月時点)

4.ストリートフードに挑戦する

ストリートフード

フィリピンの道沿いには出店が至るところにあり、手軽にお腹を満たす手段として市民の生活に根付いています。種類も様々で、バナナの揚げ春巻きや卵や鶏肉を揚げたもの、ココナッツのジュースなどがあります。孵化寸前の卵を茹でたものや鳥の足など、勇気がいるものもありますが旅のお土産になること間違いなしです!

こちらの記事ではフィリピンダバオのストリートフードをまとめています。観光客に対して高い値段で販売してくる人もいるので、こちらの記事の最後に載っている値段表をチェックしてから挑戦してみてください!✨ 

【食べる】安くてうまい!来たからには挑戦したいフィリピンダバオのストリートフード10選

5.お洒落なカフェでのんびりする

カフェラテと海老のパスタ
カフェラテと海老のパスタ WOOD AND COFFEEにて

カフェ好きの皆さんダバオに来てください!!ダバオには素晴らしいカフェが沢山あります。 猫カフェ、アニメカフェ、ジブリカフェ、抹茶専門カフェ、大自然が一望できるカフェなど…。お値段はワンドリンク100ペソ~200ペソ程、日本円で270円~539円です。(2024年6月20日現在)

忙しい日常から離れてまったりとカフェで一息つきませんか?ダバオッチではダバオのカフェを多く紹介しています。関連記事も是非ご覧ください。 

【食べる】2024年観光・勉強・仕事に!フィリピンダバオのマストGOカフェ3選!

6.日本にゆかりのある場所へ行く

ミンタル日本人墓地
ミンタル日本人墓地

 フィリピンダバオは日本と縁が深い街です。遡ること1903年、日本人がダバオに移り住み、アバカ麻のビジネスなどで豊かな生活を送っていました。その時代に日本人とフィリピン人と結婚し子供を産んだため、ダバオには現在も多くの日系人の方々が暮らしています。

親日の方が多いダバオですが、良い過去ばかりではありません。戦争によって多くの方が殺害されたり、ダバオに暮らしていた日本人は日本に強制送還され、日本人と結婚したフィリピン人の方やその子供は連絡手段もなく、フィリピンに置き去りにされてしまい、今もなお問題は残されています。

在留日本人に関してはこちらをご覧ください。 日本にゆかりのある場所へ行くことによって、ダバオで暮らしていた日本の方々や戦争についての歴史に触れるきっかけになるはずです。詳しくはこちらをご覧ください。 

【遊ぶ】移民入植120周年の今こそ行きたい!ダバオの日本ゆかりの地3選

7.市場で値段交渉をしてみる

アグダオマーケット
野菜が沢山!

せっかくダバオに来たからには、ローカルライフに触れたいですよね。 そこでオススメなのが公設市場です!市場は色々なところにありますが、その中でも「バンケロハン公設市場」と「アグダオ公設市場」が有名な市場です。

こちらのダバオの物価の記事でも取り上げていますが、公設市場ではフルーツや野菜がスーパーマーケットの半分以下の値段で購入することが出来る為、ダバオ市民にとって欠かせない存在となっています。マンゴー、バナナ、ドリアン、マンゴスチン、何でもあります。

自分の目で見て、商品の状態を確認してから購入できますし、試食をさせてくれるお店もあります。また、お店の人に値段交渉することも出来ます!しかし、物乞いをしている人がいたり、スリなどの犯罪も起こりうるので、必要最低限のお金をもって行きましょう!詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【特集】ダバオのローカルライフに触れたいならココ!アグダオマーケットへ行こう!

8.ダバオの伝統、歴史に触れる

ダバオの伝統、歴史に触れることが出来るDavao Museum of History and Ethnographyは市内で人気の博物館で、部族の工芸品から現代美術まで、歴史だけでなく、ダバオや社会に大きな影響を与えた様々な種類のアートを展示しています。加えて、ダバオには11の民族が暮らしており、マグサイサイパークではそれぞれの家が展示されていたり、彼らの特産品を実際に購入することができます。公園からは海を一望しながらのんびりすることもできるので、おすすめスポットとなっています。

【特集】~多様性の都市ダバオ~11の民族に触れられる公園でのんびりしよう

9.ウカイウカイ(古着屋さん)に行く

古着
店内はとても広い!

ダバオの古着はとにかく安い!先ほど紹介したロハスナイトマーケットでは、13ペソからTシャツやパンツが販売されています。圧倒的に量が多いので、掘り出し物が結構あります! 帽子、Tシャツ、ジャケット、水着、ネクタイ、ジョギングパンツ何でもあります。

下着まで販売されています。古着の下着….⁉となりますが下着コーナーには、真剣に良いアイテムを探している方々がいたので意外と一般的なのかもしれません。ナイトマーケット以外にも、中華街やバンケロハン公設市場周辺にもウカイウカイスポットがあるので是非足を運んで頂きたいです!中華街の記事はこちらから↓ 

【特集】2024最新版:ダバオでショッピングするならココ!ダバオの中華街特集!

10.ハイキングをする

ダバオッチ編集部、声を大にして言いたいのが「フィリピンダバオは海だけじゃない、山も最高」 ということです。ダバオはフィリピン最高峰のマウントアポを始めとして豊かな自然が広がっています。数々のハイキングスポットがあり、ハイキングをする中で、日本では見ることのできない、ココナッツやドリアン、マンゴーの木、鮮やかな花や動物などと触れ合うことが出来ます。

また、年中暑く、日差しの強い市街地と比較すると、気温が低く気持ちが良いです。滝の下にある綺麗で冷たい水で泳ぐことだってできます!南国フィリピンではどうしてもビーチの印象が強いですが、ハイキングも魅力豊富なのでこちらも注目して頂きたいです。 ダバオッチでは、初心者でも登れるハイキングコークや、アポ山の登頂記などを紹介しています!↓ 

【遊ぶ】豊かな自然に癒されたい!ダバオのハイキングコース、Viper’s peakとは?

11.ダバオの動物に会いに行く!

クロコダイルパーク
クロコダイルパーク

ダバオでは、希少な動物たちと触れ合うことが出来ます。クロコダイルパークには、名前にあるクロコダイル(ワニ)だけでなく、コウモリやライオン、サル、蛇などがいます。ワニの赤ちゃんや蛇と一緒に写真を撮ったり、なんとワニを食べることも出来ちゃうんです…!

餌やりやショーなどアクティビティ満載なので動物好きの方であれば楽しめること間違いないです!✨詳しくはこちらの記事をご覧ください。 

【遊ぶ】動物を見る・触る・食べる!?驚きの宝庫クロコダイルパークで遊び尽くす!

12.マラゴスチョコレートミュージアムへ行く

マラゴスチョコレートミュージアム
インスタ映えスポットもあります

マラゴスミュージアムはダバオに限らず、フィリピン唯一のチョコレートミュージアムです。マラゴスチョコレートとは、海外のチョコレート品評会でも数々の賞を受賞している、ダバオの名産品です。マラゴスミュージアムには様々なアクティビティがあり、動物とのふれあいや、チョコレート作り体験、アートギャラリーなどがあります。また、マラゴスチョコレートはお土産として喜ばれるに違いありません。詳しくはこちらをご覧ください↓ 

【遊ぶ】ダバオで人気急上昇中!マラゴスチョコレートミュージアムの多様すぎるアクティビティとは?

まとめ

今回はダバオ観光で絶対すべきこと12選を紹介しました。いかがでしたでしょうか? マニラやセブと比較すると、ダバオはまだまだ日本で認知度が低いと思います。しかし、今回記事の中で紹介したようにダバオには様々な観光スポットがあり、これからどんどん盛り上がりを見せていくことが期待されています。また、フィリピンの中で最も安全と言われており、実際に住人の方々も陽気で優しい方が多いので安心して観光をすることが出来ます。ダバオ観光を検討している方に今回の記事がお役に立てば嬉しいです✨ 

また、ダバオ観光だけでなくフィリピン全土で使用できるキャッシュレス決済やオンラインショッピンクについての関連記事もこちらに掲載しているので、是非ご覧下さい↓

【特集】観光でも長期滞在でも使える!フィリピンのキャッシュレス決済徹底解説

【特集】フィリピンでオンラインショッピングするならShopee!登録から購入まで

【News】ダバオの情報ポータルサイト「ダバオッチ」でサポーター募集開始!

ニュース記事をもっと見る

Hello world tours

ビザ・レンタカー・通訳・翻訳なら | ダバオの日系旅行会社