【特集】フィリピン最高峰アポ山の秘境にあるコーヒーの名産地に行ってきた話

皆さん、こんにちは。ダバオッチ編集部です。意外にも、ヘアカットの記事が伸び続けているため、毒舌キャラでいこうかと考え中です。

さて、それはさておき、ダバオは海あり、山ありの自然豊かな街です。

特に標高2954mのアポ山は、ミンダナオ島やフィリピンで最も標高の高い山として有名です。日本で言う富士山だと言われています。そんなアポ山で美味しいコーヒーを作る人々が住んでいるという情報が入ってきました。アポ山でしかつくれない貴重なコーヒーとは!?

今回は、ダバオからのバスの乗り方とアポ山の秘境で生活している人々をご紹介していきます。目的地はダバオから3時間かかるため、安全を担保する意味でも、現地でコーヒーの生産と輸出を行っている日系企業、「Pistacia Mindanao Coffee Export, Inc」の代表である太田勝久さんに同行案内をお願いしてバスで移動しました。

Pistacia Mindanao Coffee Export, Incの紹介記事

バスの乗り方とアポ山に行く方法

今回の目的地はミンダナオ島バンサラン町バルタカイ地区のプルートという村です。

ダバオのバスターミナルの基本情報はこちらから御覧ください。

バンサランはダバオから南に位置するため、バスはダバオバスターミナル入り口から左側に停まっています。どのバスに乗れば良いのかわからないときには、近くのフィリピン人に尋ねると快く教えてくれます。