【News】ダバオ地方5つ目のPCRテスト施設が完成

ダバオ市警察地方事務所 (Police Regional Office Davao:以下、PRO-Davao)にPCRテストを実施できる研究室が完成した。先日のダバオ国際空港で開始したPCRテスト施設に続き、5つ目のPCRテスト施設が整備されたことになる。これによって、さらに検査数を増やすことが可能となる。

2021年1月18日、フィリピン国家警察(PNP)長官のDebold Sinas氏がPRO-Davaoを訪問し、この度整備されたPCRテストの研究室を視察した。この研究室はPNPが所有する4つ目のPCRテスト施設であり、ミンダナオに導入されるのは初めてとなる。

PRO-Davao長官のEudisan Gultiano氏は、同研究室では1日に最大で300件のPCRテストが可能だと語った。ただし、現在は運用が始まったばかりなので、検査数は1日で最大でも150件にとどまっていると明らかにしている。

今回PRO-DavaoにPCRテスト施設が導入されたことで、ダバオ地方内には5つのPCRテスト施設が揃ったことになる。南フィリピン医療センター(SPMC)、Davao One World Diagnostics、SPMCに増設された研究室、およびダバオ国際空港の4つは既に稼働している。ダバオ市の新型コロナウイルス(Covid-19)対策は確実に拡充されてきている。