【News】先住民族にお祭りムードをおすそわけ、安全にも配慮を

12月に行われるダバオ市の「パスコフィエスタ(Pasko Fiesta)」は、クリスマスと現地のお祭りがミックスされた一大イベントだ。毎年恒例でナイトマーケットやフードフェア、ダンスやエンターテイメントショーが1か月にわたって行われ、街は大きく賑わう。

市は、ダバオ地方全域の結束を固めるため、遠方に住む先住民族(ルマド人)をパスコフェスティバルに招待してきた歴史がある。だが、市社会福祉事務所(City Social Services Development Office 以下CSSDO)のMarilyn Agonia氏は、ルマド人が市に訪れるさい、彼らが危険にさらされると述べた。実際に、これまで何人かのルマド人が、人込みで病気にかかったり、大渋滞の中、交通事故に遭ってきた事実がある。

そこでCSSDOは、ルマド人の居住地に祭りを提供する方法を考えているという。Agonia氏は、ルマド人コミュニティへの食料や本、おもちゃの提供を計画に含んでいるという。

祭りを開催するさいに、責任者である市政府は参加者全員の健康と安全を考慮に入れる必要がある。そのためさまざまな施策を講じる必要があるが、混雑と渋滞の抜本的な改善が求められるだろう。

関連記事: