【News】ダバオ市民に都市型のコンテナガーデニングを奨励

政府は、ダバオ市民に対し、都市型のコンテナガーデンを介して食料の持続可能を促進するよう求めている。都市部では、果物、野菜、香辛料などを直接地面へ栽培し収穫することはほとんど不可能であるため、ガーデニングを行う際には、植木鉢などの容器を再利用することが推奨されている。

現在62歳で、ダバオ市内ビクトリアハイツの180平方メートルの土地に、都市型のコンテナガーデンを所有しているMaxey Atog,Jr.氏は当初、個人消費用に食料の栽培を行っていた。しかし、収穫期には自らが消費する量を超えため、2010年以降、毎週木曜と金曜に収穫した野菜をリザール公園で販売している。また、野菜以外にも有機肥料や植木鉢など都市型のコンテナガーデニングに必要な用品も販売している。同氏は、都市型のコンテナガーデニングの利点についての認識を広めたいと述べているが、農業経験がない人々には都市型のガーデニングを始めるのは難しいかもしれないため、ガーデニング用品を販売する前にオリエンテーションを行うとも説明している。

ダバオ農務省もまた、要請に応じて無料のガーデニングトレーニングやセミナーを実施するとのことだ。このような働きかけで、都市部においてもガーデニングが広がっていく事に期待したい。