【News】オーストラリアからの投資呼び込みのためには、治安面での認識の改善が必要

ミンダナオへの、オーストラリア投資家たちの関心は増しているが、治安に関するネガティブな認識から、まだ実際に投資することにはためらっているようだ。

「私たちは、オーストラリア人がミンダナオにさらに関心を持ち、投資をするよう促していかなければならない。治安への懸念が問題なのでしょう。しかし、私はここ、ダバオは安全だと感じています」とフィリピン、オーストラリアフレンドシップウィークを祝う、SMラナンモールで開催されたイベントにて、アマンダ・ゴレリー在フィリピン オーストラリア大使は述べた。

大使は、ミンダナオの治安に関する誤解の原因の一つは、メディアがどうミンダナオについて報道しているかであると話した。「メディアはマラウィの包囲に関してのみ焦点を当て、それにより人々は、ミンダナオ全体、フィリピン全体でマラウィと同様なことが起こったと認識してしまいます。私たちはそれが真実ではないことを知っています。人々がメディアを通じて得る、ミンダナオについての認識を変える必要があります」

また大使は、オーストラリアの投資家がフィリピンへ来る際には、マニラに投資する傾向にあると述べ、「彼らが一度フィリピンに来ると、マニラだけではなく、フィリピンの他の場所にも機会があるということがわかるでしょう」と話した。

大使によると、多くのオーストラリアからの企業や個人がマニラにすでに投資をしていおり、現在は国内の他の都市にも支店を出し始めているとのこと。

「人々にミンダナオについて知ってもらいましょう。人々が、ここにマニラやセブを超えるものがあると理解したとき、彼らが次に訪れる場所はここです」と大使は話した。