【News】ミンダナオをスペインから守った先住民のリーダー「ダトゥ・バゴ」、ダバオ市の英雄に

3月9日に行われた第18回ダバオ市議会にて、長きに渡ってダバオ湾で他国からの侵略者を防いだ先住民のダトゥ・バゴを、ダバオ市の英雄として宣言する条例が可決された。

ダトゥ・バゴはバゴボ族が暮らす地域に住んでいた、カガン、タオスグ、マギンダナオンの祖先にあたる人物だ。彼は1839年にバゴボ族およびカガン族を率いて、スペインの侵攻軍に立ち向かい、大きな戦いを行った。当時のダバオはフィリピン最後の未占領地域であり、ダトゥ・バゴはスペイン人に勇敢に立ち向かい、ダバオ地方を守った人物として知られている。

後に彼の名前を冠した「ダトゥ・バゴ賞」が1969年にダバオ市政府より発表され、ダバオ市の発展に大きく貢献した人物や、模範的な能力を持った市民に贈られる賞となった。

同条例にはまた、ダバオの英雄としてダトゥ・バゴを称える記念日を制定すること、そしてダバオ市内の全公立および私立学校において、ダトゥ・バゴの人生や彼の生きた時代について学ぶカリキュラムに加えることも定められている。