【News】検問所で指名手配の男を逮捕

7月23日午前11時、ダバオ市ブナワン地区バランガイサンイシドロの検問所にて、市機動部隊(Task Force 以下、TF)は、違法薬物と銃の所持で指名手配されていた男を逮捕した。TFダバオは、男を 30歳、ダバオ市テブンコプロック14デラックス在住のFaizal Amil Igasan、別名Rasid Sarani Madayanだと特定した。

Madayan容疑者は、共和国法9165号または2002年包括的危険薬物法、および共和国法10591号または包括的銃器と弾薬法に対する違反の容疑で指名手配されていた。逮捕令状は、地方裁判所第9支部よりすでに発行されていた。

容疑者は、即席のガラス管を2本、9万ペソ相当の覚醒剤とみられるもの5.5グラムとストロー、覚醒剤とみられるものが入ったガラス管2本と子袋を所持していた。また、アルミホイルに包まれた注射針や、ライター、雑誌に包まれた48口径の拳銃も所持していた。

容疑者は現在、ブナワン警察署に拘留されている。