【特集】ダバオライフの楽しみ方 体の中からリフレッシュできる、ダバオライフ ~前半~

みなさん、こんにちは。ここのところ身も心もお疲れなの…なんてことはありませんか?そんなお疲れはダバオで吹き飛ばしてしまいましょう。今回は、体の中からリフレッシュできる、ダバオライフの楽しみ方をご紹介します。

ダバオ=「フルーツバスケット」

「フルーツバスケット」と呼ばれるダバオ。一年を通して温暖な気候であるため、日本でもおなじみの、マンゴー・パパイヤ・バナナ・パイナップル・スイカ・ドリアンなどに加え、ポメロ・ランブータン・マランなど、日本ではあまり馴染みのないものまで、南国フルーツがとても豊富。

完熟されて収穫されたフルーツの甘さというのは、格別。刺すような酸味が強く感じられるので苦手な人も多いパイナップルは、日本で食べるそれとは違いが歴然。酸味がまるでなく、むしろ丸い甘みが強く幾つでも食べられてしまうほど。

逆に甘さが強いイメージのバナナは、ほんのり優しい甘さで、どのフルーツもまるで違うものを食べているかのような錯覚に陥るほどの美味しさです。

このフルーツたちは、マーケットやスーパー、路上などであらゆるところで販売されており、ダバオがフルーツバスケットと言われているというのも納得です。

私がダバオ滞在中にステイしていた友人宅では、朝食には毎日たくさんの種類のフルーツが食卓にあがっていました。2月のこの時期は、バナナ・パイナップル・マンゴー・ランブータン・スイカ・ポメロなど。いつも旬のフルーツを常備していて、毎日いただいているそうです。

フルーツに多く含まれる食物酵素は、便秘解消・美肌効果・デトックス効果などをもたらしてくれるそうで、フルーツを毎日食べることも、疲れ知らずの若々しさの秘訣の一つのようです。

私も1週間フルーツをいただく生活をしていたのですが、体の中がとってもすっきりし、体が軽くなるのを感じました。私たち女性にうれしい効果が盛りだくさんの南国フルーツ。おいしいだけでなく、食べ続けることで体質改善までできてしまう。とっても理想的な食生活です。

ダバオでぜひ食べてもらいたいフルーツの一つが、

ドリアン。

フルーツの王様と言われていますが、ここダバオでは、空港に大きなドリアンの像が設置されるほど、イチオシなんです。このドリアン、意外に当たり外れが大きいそうで、路上で購入する際は試食してから購入するのがベター。

気になる匂いですが、我慢できないほどではないものの、食べるときは屋外で、という程度の匂いがあります。多くのホテルやゲストハウスでは、ドリアンの持ち込みが禁止されているんですって。

食べてみて驚くのが、食感の多彩さ。クリーミーな部分と、サクッとした感じのフルーツのような部分があり、ほのかな甘さとともに病みつきになってしまう食感です。これまでこのような食感のフルーツを食べたことがないだけに、表現がよりうまくできませんが、フルーツというよりはスイーツ、そんな感じのフルーツ。これだけは、食べて感じてほしい、です。

今注目のカカオのパワー

16世紀末の植民地時代から続く文化があり、近年はダバオ市も一丸となって力を入れているのがカカオ産業。カカオといえば、チョコレートの原料としておなじみですが、ここダバオでは、「タブレア」と呼ばれるカカオ豆をすりつぶして円筒状に固めたものをよく見かけます。

このタブレアは、溶かしてドリンクとして飲むだけでなく、チャンポラードと呼ばれるチョコレート粥にしたりと、庶民の日常食として親しまれているんですよ。

このカカオ、今やチョコレートとして食べるだけでなく注目を浴びているのをご存知ですか?

まずは、カカオニブ。カカオニブとは、カカオ豆の胚乳で、サクサクとした食感が味わえる話題のスーパーフードなんです。欧米ではすでにメジャーなスーパーフードとなっている理由は、含まれる栄養素の多さ。

美肌づくりに欠かせないビタミンA・ビタミンC、貧血予防に役立つ鉄分やマグネシウム、さらにはアンチエイジングに有効なポリフェノールが数種類も!加えて、高揚感を感じさせる物質や、ドキドキ感を感じさせる物質が含まれていたりと、摂取していくだけで、さらに輝く女性になれること、間違いなしです。

カカオニブとチョコレート

このカカオニブ、そのまま食べることもできますし、アイスやヨーグルトのトッピングにしても美味しくいただけます。また、カカオニブ入りのピーナツバターや、カカオニブのはちみつ漬けなどもあり、そのままでは苦味がちょっと…という方には、こちらがおすすめですね。

食べるだけではなく、カカオバターはスキンケアとしても使われています。保湿成分が多く含まれているカカオバターは常温では固形ですが、体温に近い温度で溶けるため、肌にのせながらカカオバターが溶けていく感覚を味わい、カカオの甘い香りに癒されながらスキンケアを楽しむことができます。こんなに素敵な時間ですもの。毎日のスキンケアタイムが待ち遠しくなりますね。

天然成分でできているので、子供が口にしてしまっても大丈夫。カカオバターひとつで、家族全員、全身をケアすることができちゃいます。上質なカカオバターをお得に手にすることができるのもダバオの魅力。お気に入りのカカオバターを見つけてみてくださいね。

ダバオにあるカカオ専門店

「タブレア」使ったチョコレートアイスが楽しめるオーガニックレストラン

タブレアを使った美味しいチョコレートアイスをいただけるのが、オーガニックレストランの「Balik bukid Form & Kitchen」。Balik bukid Form & Kitchenは、自家製農場で作られたオーガニックな食材を使って提供される、環境に配慮したレストラン。

店内で使われているランチョンマットなどもほとんどがリサイクルやリユース品が使われているのですが、ただのリサイクルではないところがとってもおしゃれ。このランチョンマット、スープの空き容器をつなぎ合わせて作られたものなのですが、ぱっと見では気がつかないですよね。

リサイクル品には見えない!

タブレアを使った大人気デザート「Tsokolate Island」はペイストリーにチョコレートアイスが挟まれた、見た目にもとっても可愛いデザート。チョコレートの濃厚でありながら、すっきりとした味わいがたまりません。

滴る感じもたまらない

自家製農場の肥料も全てオーガニックという徹底したこだわりを持って育てられた食材たち。これらは、見事なまでに色鮮やかで、歯ごたえも良く次々と食べることができ、まさに「箸が止まらない」状態に。

自家製パンにサラダ、スープ、そして季節のジュース。自然の恵みをいただけるということはなんてありがたいことなんだろう、と食べることのできる幸せをかみしめることのできるレストランです。こちらの店内では、ココナッツやジャスミンなどのオーガニックオイルやオーガニックコーヒーなどの商品の販売もしています。

その中で見つけたのがこちらの「5 in 1 Tea Powder」。

ウコン・生姜・レモングラス・モリンガ・サワーソップ(バンレイシ科の植物)にブラウンシュガーが入った、粉末状の飲み物。「ウコンと生姜が入ってて体を温めるのでおすすめだよー」と店員さんもおすすめの商品。

見た目はウコンの黄色が目立ち、味の想像ができにくいと思いますが、飲んでみるとブラウンシュガーの甘さの後に、生姜のピリリとした感覚がやってきて、1杯飲む間に香りと味をなんども味わえる不思議なドリンク。

レモングラスの爽やかさももちろんですが、お湯を注ぐだけという手軽さから、つい何杯も飲んでしまいたくなるドリンクです。店員さんが言っていたように、体の中からじわーっと温めてくれるので、寒い冬だけでなく、冷房で体が冷えてしまう夏にもおすすめですよ。

体に優しいライフスタイルを送れるダバオ

仕事をしていたり、家族を持っていたりすると、自分のことは後回しにしてしまいがちな女性って多いですよね。特に食事や体のケアなど、わかっていてもそこまで手が回らない…なんてことも。

そんなお悩みが解消できるライフスタイルも、ここダバオでは無理なく取り入れるとができます。南国の陽気に包まれて、身も心も癒せてリフレッシュ。そんな身体に優しいダバオライフを楽しんでみてくださいね。

 

筆者プロフィール
越湖麻依子

ウェブデザイナー/ライター/個人事業主向けPC、ウェブ講座主宰など

出産を機に、これまでの会社員としての働きかたから、自身の見聞を広げ、子供にも広い視野を持ってもらいたいとの思いから、企業に属さずに仕事をする働きかたにシフト。
「PC一台で世界中どこででも仕事ができる生活」を目指し、主にウェブサイト運営・ライターなどをしています。
一方で、PCやスマホ操作・SNSなどが苦手な個人事業主向けに、オリジナルの講座を開催するなど、地元での活動にも力を入れています。

自由な生き方を始めたばかりで、いろんなことにチャレンジしながら奮闘中の毎日。
旅好きな人と繋がれたらうれしいです。