【News】 ダバオ市の有名な一家の結婚式、新型コロナウイルスの感染拡大は確認されず

保健局による追跡調査によると、議論をかもしたダバオ市の有名一家が執り行った結婚式において、新型コロナウイルスの感染拡大は確認されなかったことが明らかとなった。ダバオ保健省副大臣のレニー・ジョイ・リベラ氏は、追跡調査の結果について、参加者1人のみの新型コロナウイルス感染が明らかになったと述べた。

リベラ氏によると、感染者と至近距離で接触した人は確認されなかったという。また、この人物は、ダバオ市内のクラスター認定された職場での感染が確認されている。現在、保険省はこの職場での感染者の追跡調査を行っているため、まだその詳細は明らかにされていない。同氏は、この職場の名前を公表しなかった。

この事件は、ダバオ市のある有名な一家が執り行った結婚式で起こった。新型コロナウイルスの感染拡大対策として、25人以上が集まるパーティーなどを禁止していたにも関わらず、この一家は40人を集めて式を執り行った。その後、参加者の1人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになっていた。その後ダバオ市は、参加者40人全員に対して追跡調査を行っていた。

ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ=カルピオ氏は、誕生日パーティーなどのお祝いごとを禁止するとは言わない。ただし、マスクの着用、2メートルのソーシャルディスタンス、石鹸もしくはアルコールを用いての手の消毒など、最小限の感染対策を実施していくことを、以前から呼びかけている。