【News】ミンダナオ島地震、14の医療施設に深刻な被害

保健省(Department of Health 以下DOH)長官のFrancisco T. Duque III氏は、今年10月にミンダナオ島南部で発生した一連の地震で、計151の医療施設が被災し、そのうち14の施設が修復不可能な状態に陥ったことを発表した。

10月に起きた地震はマグニチュード6クラスの地震が3回も発生し、建物の崩壊や地滑りなどが発生した。11月に入ってからも断続的に地震は発生し続けている。

DOHは震災直後から調査チームを派遣しており、医療施設の被害調査と建物の安全検査を行っている。今後も調査を継続し、特に被害の大きい地域で医療施設の復旧を支援するという。Duque氏は、復旧に必要なリソースを確保することを約束した。

医療従事者は、彼ら自身が被災者であるにも関わらず、他の被災者へ支援を続けている。DOHやユニセフが支援に駆けつけているが、医療施設が復旧し、医療従事者と患者双方に十分な支援体制を提供することが必要だろう。

関連記事: