【ニュース】 日本の投資家をフォローアップするダバオ市貿易視察団

ダバオ市投資促進センター(Davao City Investment Promotion Center:以下、DCIPC)のマリー・ダヤップ氏は、2019年のダバオ投資会議の成功を受け、投資家候補のフォローアップを行うため、日本への貿易視察を計画していることを明らかにした。

注目を集めたダバオ市の投資エキスポICon2019の開催後、外国投資家からダバオ市への注目度はうなぎ上りだ。現にDCIPCには、国内外の多くの企業からの問い合わせが寄せられているという。ダヤップ氏は、ダバオ市商工会議所が10月に予定されている貿易ミッションを主導することに言及した上で、投資家の関心を維持しながら、ダバオ市をPRする絶好の機会になるだろうと述べている。また、日本の投資家の関心を継続させるため、ダバオ市の製品、ポテンシャル、ビジネスチャンスを国内外にアピールできる機会でもある貿易視察にて、ビジネスフォーラムを開催する予定だとも説明した。現在、特にダバオ市の農業、食品加工、製造などの分野において、日本の投資家の関心が集まっているという。

ダバオ市が歴史的なつながりを持つ日本やその他の国々との関係を深めることは、投資家獲得の近道になるだろう。同時に、ダバオ市が進める姉妹都市の誘致なども、対外関係の強化につながり、将来大きな投資機会のをもたらすだろう。