【News】開発庁、連結性プロジェクトの実施で農業改善を目指す

ミンダナオ開発庁(Mindanao Development Authority:以下MinDA)のRomeo Montenegro氏は、ミンダナオの農業セクターをさらに改善するため、今年中にも連結性プロジェクトに着手すると発表した。

農業セクターが成長を遂げたことで、ミンダナオの全体的な経済成長につながったが、それを一層改善し維持するには、道路や橋といった連結性プロジェクトを実施する必要があると、同氏は説明した。

また、コスト競争力と物流改善のためには道路の拡張や空港の改善および開発などのより持続性が高いプロジェクトを引き続き支持していくこと、これらのプロジェクトを通じて農産物は生産地から、加工または市場センターや輸出ゲートウェイへの効率的な輸送を可能にするだろうと述べた。

さらにフィリピン統計局(Philippine Statistics Authority)の最近のデータによると、ミンダナオの主要産業の農業、狩猟、林業、漁業の成長率は、2017年の1.7%に対し、2018年には2.9%に上昇している。一方でダバオ地方の経済成長率は8.6%に達し、2018年には全地方中、二番目という急速な成長を遂げている。