【遊ぶ】ダバオの自然を満喫するなら、市内を一望できる高原リゾートEDEN!

皆さん、こんにちは。ダバオッチ編集部です。ダバオのフルーツは相変わらず美味しすぎます。私は、なかでもフルーツシェイクにハマっています。こちらはベリトス・ビニヤードというレストランにある「グヤバノ」という名前を聞いたことがないフルーツシェイクとドリアンです。

グヤバノフルーツシェイクは爽やかな味がしてとっても美味しかったです。

ベリトス・ビニヤードはダバオッチでチェックしてください↓↓↓

【Belito’s Vineyard】隠れ家的なフィリピン創作料理を提供するレストランならここ!

また、先日はダイビングライセンスも取得したので海に山にダバオの自然を満喫中です★

【遊ぶ】ダバオ観光におすすめ!ダバオでダイビングを始めよう~前半~

ダバオには海だけでなく、アポ山というフィリピンで最高峰の山もあり、どちらのアクティビティも存分に楽しめるアウトドア派にぴったりな観光都市なのです。

今回はなかでもダバオ市を一望できるEDEN Nature Park & Resort(エデン・ネイチャー・パーク&リゾート)をご紹介します!

EDEN Nature Park & Resortとは

ダバオ中心地から車で1時間30分ほどのアポ山の麓にある自然公園です。おいしい空気と快適な気温のもとダバオの自然を満喫できます。

園内には、ロッジ、コテージなどの宿泊場所をはじめ、スカイアクティビティ、釣堀、フラワーパーク、果樹園、マッサージ・スパなどの施設があり、園内をガイドが案内するシャトルバスツアーが行われています。

もちろん、日帰りでも楽しむことができ、日帰りプランの入場料はランチ代とセットになっています。(入場料の詳細は下記に記載してます。)

エデン自然公園内のマッサージ

エデンへの行き方、タクシー代

私が今回一番悩んだのはエデンへの行き方でした。Google地図で「EDEN Nature Park & Resort」と調べると2ヶ所出て来たからです。

正しい場所はアポ山に近い方のエデンです。皆さんも間違わないようにお気をつけください。

エデンは山奥にある、かつ遠いということからタクシー運転手は行きたがりません。ということは、帰りのタクシーもつかまえにくいということです。

タクシーを街から呼ぶとタクシーがエデンにつくまでの料金も払うことになります。

私は自宅を出発してから帰ってくるまでタクシーを貸し切って行きました。エデンで遊んでいる最中も待っていてくれます。ただ、待っている最中もタクシーメーターは回るのでお気をつけください。

私の場合、3時間半エデンで過ごし、3時間の移動時間の総額で1600ペソ(約3200円)でした。ちなみに4人で遊びに行くと一人あたり800円になります。

おすすめアクティビティ

エデンにはオススメのアクティビティがたくさんあります。今回は私が体験した3つのアクティビティをご紹介します!

①釣堀

まず、エデンに入場する際にランチパッケージを3種類の中から選びます。料金は入場料金込になります。

  • ビュッフェ(600ペソ;約1200円)
  • 釣堀(400ペソ;約800円)
  • カフェ(280ペソ;約560円)

ビュッフェを選ぶとエデンで栽培されている新鮮な野菜をたくさん食べることが出来ますが、アクティビティを楽しみたい私は自分で釣った魚を食べれるという釣堀を選びました。

釣堀では料金の400ペソから釣った魚の重さを差し引いた料金だけ、無料で追加注文をすることが出来ます。私は、ご飯とジュースを頼みました。

ぷりぷりした白身がとっても美味しかったです^^

②スカイアクティビティ

絶景のなかスカイアクティビティが経験できるのがエデンの魅力の一つです。

スカイブランコ(300ペソ;約600円)、スカイサイクリング(200ペソ;約400円)、スカイライダー(150ペソ;約300円)が揃っています。

スカイライダーとスカイサイクリングのセット価格は300ペソでした(約600円)

③乗馬体験

自然の中を馬に乗って回遊することができます。ガイドさんがところどころ写真をとってくれました。料金は100ペソ(約200円)です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?エデンはまだまだ日本人に知られていない穴場スポットです。

家族とも、友人とも、恋人とも楽しい思い出を作ることが出来る場所だと思います。

一度、空気の美味しいエデンでリフレッシュされてはいかがでしょうか?また、ダバオには多くのレジャー施設があります。

よかったらこちらも参考にしてダバオをお楽しみください!

【Crocodile Park】ワニだけじゃない!誰もが楽しめるエンターテーメント動物園

【遊ぶ】ダバオ観光におすすめ!ダバオでダイビングを始めよう~前半~