【News】Café Lagunaがダバオ市に再びオープン

セブを拠点とするレストラン、カフェラグナ(Café Laguna)のダバオ市再進出の1店舗目として、ラナン地区アズエラコーブに、5月18日(金)新店舗がオープンした。

ラグナグループの創設者であり、最高経営責任者である、ジュリア P. アルビナ氏は、とりわけ食品業界の成長が著しいことから、ビサヤ地方とミンダナオ地方に積極的に新しい店舗を出店していきたいと話した。「私が数か月前にダバオに戻ってきた時、特にビジネス界がとても活気に満ちていることに、大変驚きました」と氏は述べた。

カフェラグナは以前、市内のアブリーザモールに店舗があったが、フランチャイズ契約の問題で撤退していた。氏は今回のダバオ再進出について「新店舗は我が社が経営します。私たちは質の高い食事を提供することで知られており、その食事を再びダバオの方々に提供したく、更に多くのサービスと共に戻ってきました」と説明した。

フィリピン料理を提供する同レストランのダバオでの新店舗は、客席が100席あり、特別なダバオ風料理も提供するとのこと。例えば、マラゴスチーズを使った料理やドリアン、マンゴスチン、ポメロの地元産の果物を使った料理だ。また店内には、ダバオ独自の商品を展示するコーナーが設けてある。

カフェラグナは、1994年にセブで小さな店から始まり、現在、ビサヤ地方とミンダナオ地方に10店舗をかまえる。ミンダナオ地方では他に、カガヤン・デ・オロ市とジェネラルサントス市に支店がある。今年はさらにバコロドとセブにそれぞれ新店舗を出店の予定だとのこと。

同レストランの営業時間は、10:00am~10:00pmである。