【News】ダバオ市内のリゾート施設、立ち入り調査へ

ダバオ市議会は、市観光委員会が提出した、市内マリログ(Marilog)地区とマティーナのタイムズビーチにあるリゾートを調査をするための専門調査団を派遣する決議案を承認した。Al Ryan Alejandre市議会議員によると、この調査団は市企画開発局、ビジネスビューロ、市エンジニア局、市財務局、市観光局、バランガイ長協会、環境天然資源省と国家先住民族委員会からの人員で構成されるとのこと。 彼らは、これら施設が法律に従った営業を行っているのかを調査する。

この調査団が組まれた背景には、マリログ地区には多くの宿泊施設やリゾート施設があるが、そのうちの2施設のみが市に事業登録していることからである。また、マティーナのタイムズビーチでも同様であるとのこと。氏は「これらの施設が市条例を順守していないとの報告がすでにある」と述べた。

「施設内に立ち入り、市条例を順守しているか確認をする必要がある。同時に、廃棄物処理のような環境への配慮がなされているか、市条例による建築規制を順守しているかも調査する」と氏は付け加えた。