【News】「第81回 Araw ng Dabaw」パレード、大盛況のうちに幕を下ろす

3月16日から開催されていた1年に一度のダバオのフェスティバル「第81回 Araw ng Dabaw」。初日の16日にはParada Dabawenyoがダウンタウンエリアで行われ、多くの地元民や観光客が見守る中​​、滞りなくプログラムが行われた。

パレードが安全に開催することができたのは、多くの人出を予想し、治安部隊や様々な関係者により準備されたセキュリティ対策が功を奏したといえるだろう。ダバオ市警察署(Davao City Police Office:以下、DCPO)のアレクサンダー・タガム氏は、相当な数の観客が押し寄せた今回のパレードも、パレードルートに十分な人員を配備したことで、全てをコントロールすることができたと語っている。

各所では、DCPOの警察官だけでなく、ボランティアの警備も参加しており、パレードエリアへの入場者への荷物検査も厳重に行われていた。事前にセキュリティ検査を簡素にするためにフェスティバルにはバックパックや荷物をなるべく持参しないように呼び掛けていた。市民が気に留めて協力的であったことも成功の大きな要因となったようだ。

一方、夜に開催されるイベントでは、未成年者が犯罪に巻き込まれることを懸念し、未成年者の深夜の外出を禁じ、保護者にも協力を促した。今回の大イベントの成功に、市長であるサラ・ドゥテルテ氏も非常に満足しているとの声明を発表している。