【News】”今年のホリデーシーズンには彼らのことも思って欲しい”、ドゥテルテ大統領が市民にメッセージ

クリスマス、年末年始のホリデーシーズンでフィリピン国内が賑わいを見せる中、ドゥテルテ大統領はフィリピン政府の公式FBページ上に投稿された動画メッセージにおいて、国を守るために命を落とした兵士たち、それぞれの事情で家族とホリデーシーズンを過ごせない人々のことを忘れないで欲しいと全市民に自身の思いを伝えた。

ドゥテルテ大統領は動画の中で「市民は年に一度の幸せなシーズンを祝いつつも、マラウィ市の戦争で命を懸けて戦った政府軍の兵士、戦争で避難した人々、家族の元を離れて海外で働く人々に向けて、ともに祈りを捧げよう」というメッセージを送った。
また大統領は、フィリピンがつねに進歩的で平和な国になれること、そして国民1人1人に幸運が訪れるよう願っているとも述べている。

さらにドゥテルテ大統領は、国民への一番のクリスマスプレゼントとして今週の初めに税制改革歳入促進法案(TRAIN)に署名を行ったことを明らかにした。同法案について大統領は、「この法案の最大の魅力は、25万ペソ以下の収入に対しての所得税が免除されることだ」と述べている。