【News】ダバオドクターズホスピタル、さらに質の高い医療サービスを目指す

アクレディテーション・カナダ・インターナショナル(THE Accreditation Canada International (ACI)は先日、ダバオドクターズホスピタル(DDH)を、ミンダナオで一番最初のゴールド認定とした。

DDHの品質管理・信用部門のディレクター、Dr. セリア・カスティロ(Celia Castillo)氏は、記者会見にてこう話した。「我々は、レベル基準設定により、ジョイント・コミッション・インターナショナルやメトロマニラにある大病院で構成される認定機関より、ACIに選んで認定してもらいたかった。 外部機関が我々がおこなっていることを調査するということは、我々がさらに改善をしたいということの証明である」

ACIには3段階の認定レベルがある。DDHは今年の8月31日に、最初のレベルに合格又はゴールド認定とされた。 2番目は、プラチナム認定。最後は、ダイアモンド認定である。両認定ともに、ゴールド認定より さらに多くの条件や基準を満たさなければならない。

カスティロ氏は、「ACI認定レベルでいることは、職員たちがさらに高い認定レベルを目指し、病院医療サービスと施設の改善に努め続けることにつながる」と述べた。

一方でDDHは、多額の資金を投入して病院の拡大、設備の改善、そして新しい機器の購入をすすめている。

メディカルディレクターのDr. ノエル・ビラヌエバ(Noel Villanueva)氏は、「8つの手術室からなる手術施設は約70%の工事が終わっている。この新しい施設は、国際標準に準じ、安全性と品質に関しては、患者だけではなく、外科医や看護士のためにでもある」と話している。

各々の手術室には異なったタイプの外科手術のための、専門の設備が備えらている。 また、チーフエグゼキュティブオフィサー兼プレジデントのレイモンド・CS. デル・バル(Raymond CS. Del Val)氏は、「DDHは、ほとんどの新しく高度な設備を擁する、ミンダナオで最初の病院だろう。このことは我々がさらに多くの手術やその他の医療処置ができるようになるということだ。 3年後には再び、ACIが我々が次のプラチナム認定に値するかをみるために来る」 と話した。氏は、さらなるサテライトオフィスの設立を通じて、地域密着の質の高いヘルスサービスを提供しようと努めている。

ビラヌエバ氏は「多額の設備投資に関わらず、手術費用が値上がりすることはない」と付け加えた。