【News】ダバオ地方の域境封鎖規制の詳細が徐々に明らかに

2021年5月3日(月)、ダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長は、ダバオ地方域外からのバス、ジープニーや乗用車等での陸路の入境に関してダバオ国際空港に到着した乗客と同様に72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出を義務付けることを検討している件について市の公式サイトに見解を掲載した。

サラ市長は、ダバオ国際空港に到着した乗客全員に72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出を義務化しているのにも関わらず、陸上での入境に関しては対策を取っておらず、PCR検査費を払えない、払わない人が抜け道的に陸路でダバオ地方に入境していると問題認識を示していた。

そのため、ダバオ市以外のダバオ地方と連携してダバオ地方外から入境にする人にはダバオ国際空港に到着した乗客と同様、全員にPCR検査の陰性証明書の提出を実施するように計画し、ダバオ地方の省庁間タスクフォース(IATF)に要望しており、IATFはこれを大筋で承認するとしていた。

サラ市長によると、ダバオ地方とはダバオオキシデンタル州、ダバオデルスル州、ダバオデルノーテ州、ダバオデオロ州、ダバオオリエンタル州及びダバオ市のことを指し、今回の措置はエッセンシャルワーカーなど一部を除きダバオ地方域外から陸路で域内に入境する人を対象に72時間以内のPCR検査の陰性証明書の提出を求めるものでダバオ市及びダバオ地域内の住民はその限りではないとしている。

つまり、ダバオ市及びダバオ地方に居住する住民は今までと同様に域内を移動できる他、域外に出た場合においても域内に戻る際に一定の条件を満たせばPCR検査の陰性証明書の提出は免除されるということで検討されており、IATFは今週中にも詳細を公表するとしている。

現時点でダバオ市に空路で入境する際は、ダバオ国際空港に到着した乗客全員に72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出及び新型コロナウィルス追跡システム(DQR)のインストールを義務化している他、陸路で市内に入境する際はDQRのインストールのみを求めているが、例外としてマニラ首都圏及びセブ島から入境する際は追加でPCR検査の陰性証明書の提出を求めている。