【News】新型コロナの影響でダバオ地方の投資額が40%減少

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)は、2020年のダバオ地方への承認された投資額が49.5億ペソであったことを公表した。この金額は2019件の投資額82.5億ペソと比較するとおよそ40%減少しており、新型コロナウィルス感染拡大の影響が色濃く反映された形となった。

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)ダバオ地方長官のリム女史氏は、2月5日(金)に行われたダバオ地方社会経済会議で2020年にフィリピン投資委員会(BOI)によって承認された投資額は、新型コロナウィルス感染拡大で大幅に減少しており、地元経済に深刻な影響を与えていると発表した。

一方、2020年にダバオ地方で投資委員会(BOI)によって承認された新規の投資は不動産業、農業、林業および漁業、宿泊業、および食品サービス、事務管理およびサポートサービスの9つの業態で構成されていると述べ、そのうち6つはフィリピン投資家のみ、残りはアメリカ、中国、英国とフィリピン人投資家の共同であるという。

また、プロジェクトサイト全9件のうち、5か所がダバオ市内、2か所がダバオデルノーテ州、ダバオデルスル州とダバオオリエンタル州にそれそれ1か所であると述べ、これらのプロジェクトで約2,300名の雇用が新たに創出される見込みであると付け加えた。

新型コロナウィルス感染症の長期化による影響で深刻な経済ダメージを受けているダバオ地方であるが、貿易産業省(DTI)は政府が実施している経済回復プログラムを継続することで2021年度のダバオ地方の経済は改善すると楽観的な見方を示している。また、国家経済開発庁(NEDA)ダバオ地方長官のリム女史氏は、より積極的なターゲットを絞った投資促進戦略で外国人投資家をさらに呼び込みたいと話している。