【News】ダバオ市警は都市封鎖措置期間中の違反者数を公表

5日(月)、ダバオ市及びダバオ市警察は、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、市内における一般的なコミュニティ防疫(GCQ)及び緩和された一般コミュニティ防疫(MGCQ)期間中(5月16日から10月4日)に都市封鎖、防疫措置に違反した市民の違反者数とその内容を公表した。

公表された内容によると、期間中に逮捕された違反者数の合計は1,918件、外出禁止令違反が385件(8月9日まで)、酒類販売規定違反が296件(9月27日まで)、ソーシャルディスタンス及び 集会など人数制限違反が934件、公共の場所でのマスク着用義務違反が303件であった。合計数のうち、625件は起訴されているという。

フィリピン保健省ダバオ支部によると、10月4日現在、新型コロナウィルスに感染したダバオ市内の患者の総数は2,105名であることが発表された。うち83名が死亡し、1,597名は既に回復したという。昨日は、新たに46名の新型コロナウィルス新規感染者が確認され、現在入院、自主隔離中の患者数は425名となっている。

また、ダバオ市も含むダバオ地方(ダバオ市、ダバオオキシデンタル州、ダバオデルスル州、ダバオデルノーテ州、ダバオデオロ州、ダバオオリエンタル州)における新型コロナウィルス感染者の総数は3,290名で、うち99名が死亡し、2,530名が既に回復したと発表されている。