【News】ミンダナオ産コーヒー豆が日本のメディアで注目される

26日(金)、ミンダナオ島産コーヒー豆の輸出を手掛けるダバオ市内の日系企業、ピスタシアミンダナオコーヒーエクスポート社(代表取締役:太田勝久)は自社のブログ上にフィリピンミンダナオ島産のコーヒー豆が日本のメディアに取り上げられたことを掲載した。

同社の太田代表は、ミンダナオ島のコーヒー豆が日本のメディアに取り上げられたことについて、「日本の社会でマイナーな存在のフィリピンミンダナオ島のコーヒー豆が注目される機会は滅多になく、メディアに取り上げて頂き感謝している。これを機にコーヒー愛好家、焙煎店、コーヒー店、プロレス団体や将棋会館など多くの方々に、是非一度試飲してもらいたい」と話す。

フィリピンは200年ほど前までは世界でも有数のコーヒー生産国であったが、19世紀の終わりにコーヒー錆病が蔓延し、害虫被害により生産量が激減してしまった。現在でもかつてほどではないが、小規模で生産は続いているが、年間生産量2万7000トンに対し、輸出はわずか600トン。そして38万7000トンは輸入に頼っている状態だ。またインスタントコーヒーに関しては輸入量世界一である。

フィリピンの食糧庫と言われるミンダナオ島は台風の被害も少なく、年間を通して温暖な気候であるため、日本向けバナナやパイナップルの一大生産地としても有名だが、今後はコーヒー豆やダバオ市が最も力を注いでいるカカオ豆の生産、輸出の増加が期待されている。