【News】SPMC、Covid-19用検査キット5,000個を調達

ミンダナオ島最大の公営病院、南フィリピン医療センター(Southern Philippines Medical Center 以下:SPMC)は、新型コロナウイルス(以下、Covid-19)用のポリメラーゼ連鎖反応法(以下、PCR)検査査キット5,000個を調達したと発表した。これにより、ダバオ地方とミンダナオ島の他の地域から、より多くの患者がCovid-19の検査を受けられるようになった。

ダバオ市の位置するミンダナオ島では、2週間ほど前までPCR検査キットの不足により、全ての検体をマニラに輸送していたため、検査結果を得るまでに最低でも2~3日を要していた。そのため、検査結果を待つ間に、患者がなくなるというケースが発生していたが、現在はSPMCが独自に検査を行いうことが可能となり、24時間以内に結果がでる。

現在、同病院では1日平均60件近くの検査を行うことができるが、PCR検査キットの精度は100%ではないため、初回検査後に再検査がおこなれるため、直近の検査では、58人の患者に対して、100個の検査キットが消費された。

ダバオニュースの裏側へ!