【News】SPMCに待望の検査キットが到着

ミンダナオ最大の公営病院、南フィリピン医療センター(Southern Philippines Medical Center、以下SPMC)は、到着が待たれていた新型コロナウイルス(以下、Covid-19)検査キットが到着していると明らかにした。

すでにSPMCでは、65のサンプルが検査されているという。しかし患者の急増によって、SPMCの隔離施設はキャパシティを超えており、なおも増加する患者数に対応するため、集中治療室(ICU)や有料病棟も活用されている状況だ。

すでに同病院の職員は、検査の実施に向けたトレーニングを終えており、限られた人員と施設を考慮し、検査制度は優先的に入院患者を対象に行われることになるという。

市政府が実施する都市封鎖で新たな感染者の流入を防ぐことで時間を稼ぎ、医療がきちんと提供される環境を整えることで、一人でも多くの人命が救われることを切に願いたい。そのためには市民ひとりひとりの行動が大切になってくるだろう。

ダバオニュースの裏側へ!