【News】貿易産業省、先住民族の事業参入を呼びかける

貿易産業省(Department of Trade and Industry:以下、DTI)北ダバオの関係者であるRomeo Castañaga氏は、先住民族の経済発展への参加を奨励した。また、先住民族は現地に古来から住んでいる住人であり、彼らのおかげで自分達は今ここにいると述べた。

Castañaga氏は、Castañaga氏はさらに、先住民族が一般市民の持たない知識を持っており、それらが大変優れていると語ったほか、DTIは同民族の農産物に付加価値を加えられる生計支援プログラムを提供していると付け加えた。

2018年にはいくつかのトレーニングセッションが実施されており、1月には先住民族の建築をショーケースする竹製民家の建設プロジェクトが行われ、Mangguangan、Mansaka、Dibabawonといった各民族グループから9名が参加した。

6月には南ダバオ州でコーヒー豆を栽培しているBagobo Tagabawaコミュニティのためのコーヒー加工トレーニングセミナーが実施された。地元農家間の農業生産性を高めることが目的だ。また商品の販売を促進する起業家セミナーも開催された。