【News】ダバオ市内での新たなインフラ整備、経済成長に繋がると期待される

ダバオ市では同市と近隣の州を将来結ぶことになるインフラ施設の開発が計画されており、その中でも特に道路、鉄道および橋の開発は、今後の経済成長および発展に繋がると期待されている。

公共工事道路局(Department of Public Works and Highways、以下DPWH)
ミンダナオ南部のスポークスマンであるDean I. Ortiz氏は、これらのインフラ整備はドゥテルテ大統領の国内経済の状況改善のビジョンと一致すると述べ、ダバオ民の持続可能な生活を確保するためにも上記プロジェクトは不可欠だと語っている。

Ortiz氏は、ダバオの市民はこれらインフラ開発プロジェクトの恩恵を確実に受けられると述べたほか、DPWHは554.8億ペソに相当する1,200超のインフラプロジェクトがあると説明した。

また、国家経済開発庁(National Economic Development Authority)の記録によると、ダバオ地方における同プロジェクトの予算は940億ペソとなっているとのこと。