【News】病院での待ち時間緩和!ダバオ発のアプリ「HiDok」に期待

海外旅行中や海外に滞在中の急な病気やケガは、誰にでも起こりうること。慣れない海外での病院では診察を受けるのにも一苦労した経験がある人も多いのではないだろうか。

ここフィリピンでは、医師との予約どりは容易ではない。では予約なくクリニックに行ったとしたらどうなるだろう。答えは、診察や治療を受けるまでに、クリニックの外で何時間も待たされる、だ。これは私立病院であっても公立病院であっても同じことが言える。

そこで今、注目を集めているのが、ダバオ発の「HiDok」というアプリだ。このアプリは、通常医師とのアポイントメントを取る際に必要な、秘書との長いやり取りを省き、スムーズな診察が行えるようにすることを目的に開発された。9月にリリースされた同アプリには、すでに180人の医師が登録されている。

HiDokは現在、ダバオ市以外の地域でのサービス拡大に向け、潜在的な投資家との話し合いを行っている最中だ。この病院の待ち時間は、長年フィリピン全土で改善すべき大きな課題となっており、このアプリによって一人でも多くの患者が適切な診療を受けられるようになることがきたされる。

 

最新フィリピン・ダバオニュースはFacebookからチェック

Facebookの「いいね」を押すと最新ニュースの更新が受け取れます