【News】ダバオ市都市社会サービス開発局、オフィスビルを建設

ダバオ市都市社会サービス開発局(以下、CSSDO)のオフィスビルが、市役所の裏側に併設されることが決定した。12月14日には、行われた起工式がCSSDOの経営を行うMaria Luisa Bermudo氏、およびダバオ市都市行政官のZuleika Lopez氏によって執り行われた。

Bermudo氏は、同プロジェクトが同市のサラ・ドゥテルテ市長の管理下で検討され、自分たちのオフィスを持つという夢が今回実現したことに感謝の意を示した。

同ビルには障害者、高齢者および女性向けのオフィスも用意され、さらに最上階を災害活動時の人員用の宿舎としても利用できる寮にすることが検討されている。またLopez氏は、建築業者との間で11ヵ月以内にビルの建設を完了することを約束したとコメントしている。

中央政府の支援を受け4000万ペソをかけて行われる同プロジェクトは、ダバオ市にとって初の国家予算で建設される建物となる。