【News】ダバオ市で45.2kmのバイパス建設 フィリピン初の長大トンネル詳細設計は日本工営JV

公共事業道路省(Department of Public Works and Highways:以下DPWH) が、2019年4月より、JICAの高規格道路網開発マスタープランを参考にした45. 2kmのバイパスを建設するというプロジェクトを発表した。さらに、日本工営株式会社などの共同企業体が、バイパスの一部であるMagtuod山岳地帯を通る1本のトンネルの計画を見直し、2つのセクションに分け、且つ予算内に収めることを可能にした。トンネルを2つのセクションに分けることで安全面向上、排気、維持管理などにメリットをもたらすことができると考えられる。

高規格道路網開発マスタープランによると、ドゥテルテ行政のもとで、新しい住宅プロジェクトや都市開発の拡大などのインフラの拡大投資などが進められていくなか、将来の交通需要は、強く4車線のバイパスが求められていく。。 DPWH 11広報・情報官ディーン・オルティス「DPWHの使命は、都市開発のためにより多くの道を作ることである。特に現在開発が活発であるため、我々が環境を整える必要がある」とコメントした。

日本のコンサルタントの計画によって、山で遮られていた東西がトンネルで結びつき、より多くの経済活動が見込まれる。

このプロジェクトの目的には、都市を通じた物資やサービスの地域間輸送を促進すること、製品輸送コストを削減すること、都市部の渋滞を緩和すること、成長している農業産業部門に対してより信頼性の高い、より効率的な、スムーズな財・サービスの流れを支援すること、都市部周辺を管理すること、ダバオ市の主要な港へのアクセスを向上させることが含まれている。