【News】交通管理局のアンケート、7割が「バス移動の方が良い」と回答

多くの笑顔と賑やかさに包まれつつ大いに盛り上がった8月のカダヤワン祭り。その期間中、ダバオ市運輸交通管理局(City Transport and Traffic Management Office:以下、CTTMO)は市内でバスサービスを無料で提供していた。

CTTMOによれば、同サービスは市民がどの公共交通機関を望むかを調査するために実施したそうで、利用した10,328人に対しアンケートを行ったとのこと。

結果、ほとんどの乗客が「バスの方がジープニーに比べて安全に感じる」と回答したほか、1万人が「快適さ、無料WiFi、きちんとしたバス停のためなら、ジープニーよりも高い料金を支払ってもいい」と述べている。さらに市内バスの導入についても7割以上が好意的な反応を示すなど、たくさんの人々が導入を支持しているようだ。

ジープニーは格安で市内を移動できる一方、その数が年々増加していることから、一般乗用車も合わせて、交通渋滞を引き起こす悩みの種にもなっている。ジープニーの2-3倍近くの乗客を運べるバスが導入されれば、その分だけ渋滞を緩和できるのはないだろうか?