【News】意外と可愛いフルーツコウモリ、ダバオ観光の目玉になるかも?

山海などの自然に囲まれたダバオ市には様々な観光スポットがある。しかし最近、地元に生息するフルーツコウモリをはじめとする”コウモリ観光”が、非常に有益なエコツーリズムとして注目される可能性が出てきた。

Bat Conservation InternationalのNetwork & Partnerships課を担当するMylea Bayless氏はこれについて、コウモリの大群と出会える街として、テキサスの州都オースティンがアメリカ観光の一つになった事例もあることから、ダバオ地方も同ツーリズムが次なる観光スポットになれると述べた。テキサス州はコウモリ観光を通じて300万ドルの年収を出しているそうだ。

ダバオ市の沖合に広がるIsland Garden City of Samalにあるモンフォート・バット自然保護区では、実に230万匹ものフルーツコウモリが3ヘクタールの敷地内で生息している。

なお、コウモリたちを観察する上でのマナーとして、棲み処である洞窟には立ち入らないこと、そして音を立てないこと。音を立てると雌コウモリが驚き、抱えていた子を落として死なせてしまうなどのケースがあるためだそうだ。