【News】農業省、パナマ病対策としてバナナのクローン苗使用を促進

ダバオ地方はフィリピン最大のバナナ生産地の1つである。しかしバナナの天敵であるパナマ病が、農業従事者たちの栽培をはじめ、国内で多くの問題を引き起こしている。

ダバオ地方の農業省(Department of Agriculture:以下、DA Davao)はこのような問題を解決するため、影響を受けたバナナ農業従事者に向けて、キャベンディッシュ品種より作り出した、パナマ病に強いクローン苗「GCTCV 218(Giant Cavendish Tissue Culture Variant)」の使用を強く呼びかけている。

DA Davaoの関係者であるArlene Seguiro氏は8月3日に開かれた記者会見において、同クローン組織の主な配布先はコンポステラバレーおよび北ダバオ州の生産者であると述べ、台湾のバナナ研究施設と提携中のDAから対象者に対し、計130万本の苗木が配布されるとも述べた。

パナマ病はつる割れ病の一種とされており、2012年にミンダナオ島を襲った台風パブロによって発生した洪水などが原因で、同病が広まったと同氏は説明している。

GCTCV 218の信憑性はバナナ栽培者のRosale Secuya氏が実例を通じて証明しており、同苗木を8ヘクタールの農地に植えたところ、1500本中135本しか感染しなかったとのことだ。