【News】公共車両の20秒ルール、施行開始後の最初の週に8人の違反者

ダバオ市交通運輸管理局(Davao City Transport and Traffic Management Office 以下、CTTMO)は、公共車両の道路上での停止をイエローボックス内で20秒以内とする、ルールが施行された最初の週に、8人のドライバーがこのルールに違反したと発表した。

CTTMO関係者のジョアン・カバリ氏によると、違反車両の運転手には違反切符がきられたという。違反金は500ペソである。市内中心部のマガラネスストリートとサンペドロストリートでそれぞれ2件、C.M.レクトストリートで4件の違反があった。

CTTMOは、6月25日からこのルールについての応報活動を始め、7月第一週から施行した。以前は、公共車両の道路上での停止時間に制限はなかったが、このイエローボックスルール、または20秒ルールの下では、決められた場所で20秒以内に客の乗降を済ませなければならない。但し、障害者、妊婦、及び高齢者の場合は例外となる。

この新しいルール施行後は、交通の流れがスムーズになったようだ。