【News】増えるダバオ市の観光客、活気あふれる催しが人々を引き寄せる?

ダバオ市では毎年様々な催しが開催され、その度に多くの観光客がダバオを訪れている。ダバオ市観光局(City Tourism Operations Office:以下、CTOO)の発表によれば、今年1月から5月にかけて記録された観光客数は97.5万人となっており、2017年の同時期の80.6万人に比べて21パーセントもの増加をマークしたそうだ。

CTOOの局長Generose Tecson氏は、6月26日に開かれたビジネス会議にて、観光客の増加は2017年にダバオ市が行ったプロモーションのお陰だと述べた。同氏曰く、多くの人々は異なる場所で低コストな会議を開くことを好んでいるらしく、同市の治安も考慮されているとのこと。

さらにダバオは民間セクターが推進する、国内で唯一のミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビション(通称MICE)プログラムも持っている。

CTOOは2018年度の観光客数について、今年は230万人を目指していると発表。2017年における観光客数は200万を記録しており、現時点ですでに目標の42.39%を達成している。

ダバオ市はマニラ圏に比べて、都会の忙しさを感じさせず、豊かな自然にも囲まれて、さらにMICEプログラムによってイベントの開催が容易で低コストであることから、イベントなどの開催地として魅力的な場所になっている。