【News】日本の4つ星ホテルチェーン、初の海外拠点はダバオ市に

近い将来、ダバオ市内で日本のホテルチェーンが建設を開始する可能性が高くなってきた。

ダバオ市投資促進センター(Davao City Investment and Promotions Center:以下、DCIPC)のLemuel Ortonio局長は、日系ホテルが初の海外進出先としてダバオ市に関心を持っていると発表した。同ホテルの幹部たちは5月24日にダバオを訪れている。ホテル名については明らかにされていないが、東京都内や大阪府内で4つ星ホテルを経営しているという情報が明かされている。

同ホテルの視察団はダバオの初訪問時に初期調査を行っており、同ホテルの総支配人はダバオで開かれた会議の際に、市観光局(Tourism Operations Office)の代表から、ダバオが記録した国内外からの旅行客数や、ダバオ市民の出費能力などのデータを得たそうだ。

ダバオ市は年々たくさんの観光客が国内外から訪れており、増加する訪問客数に対応するため、世界中の企業が進出を計画している。過去数年にわたって築かれてきた日本との良好な関係も、日系ホテルに海外初進出先としてダバオ市を検討させる要素となっているのかもしれない。