【News】ダバオ市バランガイ8-Aで火災

26日の午後、Poblacion地区バランガイ8-A、Fr. Selgaにて起こった火災により、少なくとも13棟の家が被害を受け、2人の子供を含む3人が負傷した。

被災額が少なくとも340,000ペソとなったこの火災により、その区域で生活をしていた、下宿人や借家人を含む約100人が住む家を失った。

負傷した3名の名前は明らかにされていないが、3名とも軽傷だと報告されている。

消防局の Ramil Gillado捜査官によると、火災は午後2時29分、Pundoc家のソファーから発生したのとこと。家が軽材料で建てられていることから、火はすぐに近隣に広がった。

消防局の消防士と5人のボランティアが通報を受け、直ちに現場に急行し、消火にあたった。

火災は午後5時55分には鎮火し、9棟の家が全焼、4棟が半焼と報告されている。Gillado氏は、さらに詳しい火事の原因を捜査中だと話した。