【News】熱帯低気圧の影響で大量の氾濫、数百人が避難を余儀なくされる

12月21日にミンダナオ島沖で発生した熱帯低気圧「ヴィンタ」(国際名:テンビン)の影響によってダバオ川の水位レベルが限界ラインを超えたことから、川沿いや低地にある集落が深刻な氾濫の被害を受けた。ダバオ市内ではこれまでに300以上の世帯が避難所に移動している。

救援活動には各バランガイの役員や警官、911救助隊が当たり、22日の夜から23日まで続いた。今回の氾濫によって被災した地区は下記の通りで、いずれもダバオ川付近に位置している。

・バランガイ2-A、5-A、 10-Aおよび19-A
・エル・リオ・サブディヴィジョン
・ジェイド・バリーサブディヴィジョン
・ブカナ地区

更にバランガイマンドゥグでは、洪水によって身動きが取れなくなっていた250人の市民が、軍隊の救援によって救助された。なお、今回の台風による大雨の影響で、ミンダナオ島では多くの死亡者や行方不明者がでており大きな被害が出ている。