【News】ハラール・貿易・観光博覧会、マルコポーロホテルで開催へ

ユニバーサル・イスラミック・センター・ファウンデーション(以降、UICF)は、2018年5月3日~6日にかけ、マルコポーロホテルにて「フィリピン・ハラール貿易と観光博覧会(以降、PHTTE)」の開催を予定している。同博覧会は、ハラール食品、商品やサービス等への認識を高めることを目的に行われる。

UICFの会長であるマリルー・アンプアン氏によると、同博覧会は国民がハラールに対する認識を高めたり、フィリピン、特にダバオ市でグローバルな観光コンセプトであるハラール観光向けプログラムの提供に備えるものだという。

今回予定されている3日間の博覧会はただの展示会ではなく、期間中はいろいろなアクティビティや文化的パフォーマンス、製品プレゼンテーションなどが用意されており盛りだくさんの内容となっている。また5月4日から6日にかけては、ダバオ市のハラール関係プログラムの覚書への署名や、ローンチイベントなども行われる予定で注目が集まっている。