【News】国際的な数学オリンピック大会、ダバオ市で開催決定

2017年の国際青少年数学オリンピック(Itmo: International Teenagers Mathematics Olympiad)がダバオ市で開催されることが決定した。世界27カ国から高校生を含む参加者がダバオ市に来て、数学競技を行う予定。日程は、2017年11月8日~12日、競技会場はグランド・リーガル ホテルとウォーターフロント・インシュラー ホテルである。

フィリピン数学トレーニング協会(MTG:Mathematics Trainers Guild, Philippines)のイシドロ博士は、「今回の大会をドゥテルテ大統領の故郷で開催できることを大変光栄に思っています。市政府と関連している人々の支援にとても感謝しており、この大会は、世界の若き数学愛好者達の友情を育むだけでなく、ダバオ市の美しさを海外からの参加者に 紹介できる良い機会だと考えている」と話した。

競技では、各チーム6名の競技者(リーダー、副リーダー、4人の競技者)で構成、数学問題のスピードや技術を競い、上位3チームが表彰される。 競技会の一環として、市内の観光ツアーと、各国の異なる文化を互いに紹介する カルチャーナイトを行う予定であるとのこと。

ダバオ市ではここ数年、ASEANを含む国際的な会議や競技会の開催が急増しており、観光局や市政府も積極的に誘致を行っている。今回も、数学大会を通じて海外の人々にダバオの魅力を知ってもらう良い機会になりそうである。