【News】ダバオ市交通局、横断違反の取締りを強化

ダバオ市交通局担当者は、横断歩道のない場所で道路を横断するJaywakingについて、今後も増員を行い取締りを強化すると話した。 市民の安全を目的とした条例である為、学生であっても免除はされない旨を強調。これまで、16歳以上の違反者は、学生であるなしに関わらず取締りを行っている。ただし、高齢者や妊婦、障害のある者は、人道的配慮を行い、この限りではない。

ダバオ市では昨年12月より、市街地での信号無視や斜め横断を禁止するAnti-Jaywaking Lawを制定し、違反した場合には100ペソの罰金か4時間の社会奉仕活動、 違反者講習を受講する必要がある。これまで平均1日に20~30名程度の違反者が逮捕されており、昨年の施行から5月末までの間に、21, 335人の違反者が取締りを受けたと報告した。