【News】戒厳令下のガイドラインをダバオ市が発表

戒厳令が敷かれた翌日、ダバオ市は戒厳令下のガイドラインを市民向けに発表しました。市内では今のところ、平常通りの活動が行われており、特に戒厳令下であっても変わった様子はありません。以下、ダバオ市が発表しているガイドラインです。

ダバオ市民の皆様
戒厳令期間中のガイドラインは以下の通りとなります。市民の皆様におかれましては記載通りの遵守をお願い致します。

一般事項
1. 市民の安全を確保するため、厳重な検問の実施をします。
2. 不審者、不審物、グループの不穏な行動を発見した場合は直ちに「911」に通報をお願いします。
3. 行動計画に慎重に従ってください。

移動について
4. 緊急を要する場合でない限り、ダバオ市への渡航、またはダバオ市からの渡航は推奨しません。他のミンダナオ地区も同様です。
5. 仕事や外に用事がない限り、外出を控えてください。
6. バイクでの旅行・移動は推奨しません。

混雑する場所、教会、集会活動等
7. 人混みの多い場所は避けてください。
8. 宗教活動は日中に行うことを推奨します。イスラム教徒のラマダンはモスク内、または自宅で行うことを推奨します。
9. 集会や大規模団体の活動には地方政府からの許可を取得してください。

チェックポイント
10. 車両登録書類、運転免許証の更新を確認してください
11. 銃火器を所有をしている方はライセンスとライセンスの有効の是非を確認してください。 [銃火器の所持に関するライセンス (“LTOPF”) 銃火器携帯許可証 (“PTC”)].
12. フィリピン国軍と国家警察が各所にチェックポイントを設けます。
13. 所持している荷物の中身を十分に認識してください。見知らぬ他人から荷物を預からないようにしてください。
14. チェックポイントでは検査の際、ヘッドライトの消灯、車内ライトの点灯を行ってください。
15. 検査が潤滑に行われるよう協力をしてください。
16. 有効な身分証明書を常に携帯してください。

未成年及び夜間
17. 未成年者の屋外への外出は成人が同行しない限り、極めて推奨されません(可能な限り避けてください)
18. 夜遅くの外出、多量の飲酒を避けてください。
19. 夜間に仕事をされている方は、他の人との同行で通勤・帰宅することが推奨されます。
20. 個人の活動は日中に行うことを推奨します。
21. 公共の場所にたむろすることは推奨しません。

所持品管理
22. 所持品の放置、置き忘れにご注意ください。
23. 車両を長時間放置しないでください。
24. ご自宅に大量の現金を保持しないでください。

ビジネス関連施設、学校
25. ビジネス関連施設及び学校は施設内における緊急時対応を計画する必要があります。
26. ビジネス関連施設及び学校は警備員、安全対策設備、消化器類への投資が推奨されます。
27. 施設内に大量の現金を保持しないでください。
28. 学校は安全強化を実施するとともに、入校者の選定を徹底してください。

旅行、観光
29. 市内の著名な観光地以外を観光することは推奨しません。
30. パスポート及びその他の身分証明書を常に携帯してください。

Images from DAVAO CITY