【News】3月のコミュニティ隔離措置レベルが発表、ダバオ市はGCQのまま

新型コロナウイルス省庁間タスクフォース(IATF-EID)は、2021年3月のコミュニティ隔離措置レベルを発表した。この結果、ダバオ市を除くダバオ地方全域が、緩和された一般コミュニティ隔離(MGCQ)に引き下げられることになった。

国内でダバオ市同様に一般コミュニティ隔離(GCQ)を維持するのは、首都圏(NCR)、アパヤオ州、バギオ市、山岳地方、バタンガス、タクロバン市、イリガン市、およびラナオ・デルスルとなった。その他の州や市などは、MGCQとなる。

ダバオ市は3月にMGCQに緩和されることを見据え、サラ市長も前向きな発言をしていた。しかし、今回の隔離レベル維持という発表は、ダバオ市の人々にとって落胆するものだったかもしれない。しかし、1か月前と比較し、新型コロナウイルスの感染状況は改善の兆しを見せている。4月はMGCQへの緩和を期待したい。

また、サマル島が属するダバオデルノーテ州がMGCQへ緩和されたことを受け、サマル島の観光がどのように動くか、注目していきたい。