【News】新型コロナウイルス追跡システム(SafeDavaoQR)、一般向けの登録も再開

先日、新型コロナウイルス追跡システム(SafeDavaoQR:以下、DQR)の事業者向けの登録が再開した。そしてこのたび、個人用QRコードの登録も再開された。外出制限が厳格化されているため、いち早いQRコードの取得をおすすめしたい。

DQRのシステムは、メンテナンスのために閉鎖されていた。先月末にDQRの登録が開始されると、多くの人が登録のためにサイトに押し寄せた。結果、スムーズにQRコードが発行されなかったり、登録サイトにアクセスできなかったりする事例が見られた。そして先日、事業者向けの登録サイトは再開したが、多くのアクセスに対応するため、個人登録サイトは別に開設すると説明されていた。

11月16日月曜日、個人登録用のサイト(https://persons.safe-davao.com)が再開した。またダバオ市役所は、DQRが全面実施される11月23日までに、QRコードを発行するよう呼びかけている。

ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ=カルピオ氏は、DQRによって、多くのCovid-19感染者との濃厚接触者を発見できていると語った。サラ市長によると、自治省(Department of Interior and Local Government:DILG)は追跡調査によって、さらに1,500人を見つけることができたという。DQRの導入によって、濃厚接触者をより効果的に見つけることができているようだ。

DQRの開始まで時間もわずかである。まだ登録が済んでいない人は、ぜひ登録してほしい。
※登録に必要な情報については、 【News】QRコードシステムの登録が開始 を参照してほしい。