【コラム】「さすがに信じがたい!?フィリピンの薬草シリーズ第二弾」


澤村信哉(さわむら しんや)
1976年生まれ、孤児院HOJ副院長。横浜国立大学卒業。
1999-2006年はフィリピン、ミンダナオ島にて、2006-2008年はブルガリア共和国ルセ市にて日本語教師として働き、教科書作成や教員育成にも注力。2008年からフィリピンに戻り、児童養護施設ハウスオブジョイの運営に携わる。現在は約20人のこどもたちと一緒に暮しながら、こどもの自立支援や就学支援のためのプロジェクトを手掛けている。
特技は20種類以上の楽器演奏と、主たる収入源でもある似顔絵描き。ダバオッチ創設者ハセガワが初めてダバオを訪問した2005年に面倒をみたのは実は私である。


さて、ちょっと間があいてしまいましたが、薬草シリーズ第二弾!フィリピンの田舎で「効果がある」と言われている薬草のうち、今回はちょっとにわかには信じられないものを中心に紹介していきたいと思います。まずはこちらのきれいな青い花。ブルーターネットと英語名で呼ばれているのでそんなに昔からある文化じゃないかもしれませんが、この花でお茶を作って飲むと「とにかく頭にいい」と言われています。

ブルーターネット

頭にいいというのはどういうことかと言うと、

  • 目がよくなる
  • 物忘れしなくなる
  • 集中力が増す
  • イライラしなくなる
  • 髪の毛がきれいに伸びる(薄毛にも効く!)

ということだそうで。なんだそれ!もし全部本当なら億万長者になれますよ!お茶の見た目もカクテルみたいでキャッチーですしね。

ブルーターネットのお茶

花の青い色素はフラボノイド系のアントシアニンだと思われるので「ブルーベリーは目にいい」と同じ理屈で、実際に多少は効果はあるのかもしれません。毛が生えるかどうかは謎ですけどね。(笑)