【News】ダバオ市は支払い業務を全てオンライン化へ

19日(金)、ダバオ市は新型コロナウィルス感染拡大の影響で、市民の移動が制限されている現状を考慮し、今後ダバオ市への税金等の支払い業務はすべてオンラインで処理が可能であると市の公式フェイスブックページに公表した。但し、最初に登録をする必要があるという。

オンラインでの支払い登録を行うためには、ダバオ市のウェブサイトから申請用紙をダウンロードし、必要事項を記入、代表者の署名をして、市役所に届ける必要がある。市役所が確認作業を終え、申請内容に不備がなければ、登録作業は完了するということだ。

サラ・ドゥテルテ市長は地元のラジオ番組に出演し、ダバオ市の税金徴収システムについては、納税者の利便性の向上及び市役所職員や市民が市役所で新型コロナウィルスに感染するリスクの軽減も考慮し、今後は全ての支払い業務をデジタル化することを目指すと述べている。

フィリピンの行政機関では未だに書面での申請や作業が主流であり、その手続きには非常に時間を要している。しかしながら今後、行政のオンライン化が進むことによって、これらの煩雑な手続きや市役所の物理的な混雑が解消され、透明性やスピード感を高めることができれば、ビジネス環境は改善され、ダバオへの投資がより活発になることが期待できる。