【News】歩道をふさぐ違法な障害物の強制撤去作業、期限後も継続へ

都市交通管理局(CTTMO)局長のDionisio Abude氏は、今年9月から実施されている、歩道に放置された障害物の撤去作業を、定められていた期限を超えたあとも、継続すると述べた。

今回の撤去作業は、違法に放置された障害物が歩道をふさぎ、交通渋滞の要因となっていることから、フィリピン自治省(The Department of the Interior and Local Government)からダバオ市へ命令が下され、CTTMOが関係機関と協力して進めている。

フィリピン自治省から市への命令に先立ち、CTTMOは撤去作業の実施前から障害物を放置が認められた約100の事業者に対し、違反通知をおこなった。しかし、撤去に十分な期間が与えられていたにもかかわらず、一部の事業者は経済的な理由から撤去を行わなかったという。

またAbude氏は、露店への自発的な撤去の要請や、違法駐車された車両の牽引を行ったと述べ、関係機関と協力し、歩道の一部をふさぐ建築物の撤去も行っていくと説明した。

歩道がふさがったままにしておくのは大きな問題であり、今回の撤去作業に対し、市民が協力的であることを願うが、市民の実際の生活を考慮せずに作業を行えば、再び歩道がふさがってしまうのは時間の問題だろう。