【News】ダバオ市、農産物流通への投資を呼びかける

ダバオ市投資促進センター(Davao City Investment and Promotions Center:以下、DCIPC)の関係者であるLemuel Ontorio氏はこの度、現在ダバオ市の農業関連セクターが、貯蔵庫をはじめとする農産物流通への投資を求めていることを明らかにした。

同氏によれば、貯蔵庫は農作物の品質維持に貢献することから、農家・市場間取引の更なる効率化を図り、農業従事者は恩恵を受けることが可能になる。Ontorio氏はさらに、昨年の投資関連の問い合わせの中でも、農業に関する質問が最も多かったと付け加えた。

またDCIPCは、中国および米国の投資家3名がダバオ市の農業用ドローンへの資金援助について関心を示していると発表した。ドローンは広大な農地の監視および土地測量に役立つと考えられている。

Ontorio氏は、ダバオ市はカカオ産業の成功を皮切りに、農業投資家の間で注目されていると述べ、将来の投資家に対して同市内でのビジネス展開を奨励した。