【News】農作物生産性向上の可能性は灌漑にあり!!

写真:ネグロスのサトウキビ畑

Rivulisの灌漑事業開発担当マネージャーのIlan Tamir氏は、フィリピン国内市場で野菜の需要が高まっていることに注目し、その需要に応え農作物の生産性を上げるために灌漑の開発が最優先であると語る。

Rivulisはマイクロ灌漑ソリューションのイノベーターであり、世界中の顧客に幅広い農業サービスを提供している企業である。また、Rivuliは灌漑の管理を通して農家の厳しい現状を改善させることを目指している。

Ilan Tamir氏はフィリピン国内市場の中で野菜収穫量を増やせる可能性は大いにあるが、現在のところ国際市場は視野に入れていないとコメントした。一方で、フィリピン国内市場の中で最適な戦略を構築できれば、多くの利益を得ることができるだけでなく、国際市場に販路を広げることも期待できると付け加えている。

Rivulisは小規模農家のための灌漑整備だけでなく、農家のために流通経路を提供することを計画している。