【News】社会保障制度、滞納事業者への監視を一段と厳しく

社会保障制度(Social Security System 以下、SSS)は、従業員のためのSSSの支払いを滞納している雇用者に対する、展開中のキャンペーンの一環として、事業所の検査を再実施することを明らかにした。

SSSジェネラルサントス支局の局長であるレデントー・ヴィオラ氏によると、地元の事業所が社会保障法を遵守しているか調査をするためのチームを結成したとのこと。

氏は特に、労働者の登録義務とSSSへの支払い義務について言及した。「我々には、支局の特別チームが管理するアカウント監視システムがあります」と述べ、9人体制で支払いを滞納している雇用者の監視にあたっていると説明した。

先月、SSSは、SSSへの事業の未登録、SSSへの未払い、SSSへの従業員未登録で、9つの事業所に理由提示命令を発行した。総額443,448.30ペソの滞納であり、およそ100人の従業員に影響を及ぼしている。現段階で、9つの事業所のうち8つは理由提示命令を履行したとのこと。